ここは恵方 [SIDE:A]

獣医師は本当に我が「仔」のことを熟知しているのでしょうか

最終更新日:2006年4月

自分のペットのことは自分にしか分かりません。いくら相手が獣医師だからといって、その人のことを何も知らないうちから「お任せ」してしまって大丈夫ですか?

◆自分の常識は他人の「非」常識

獣医師といえども、自分が飼ったことのない動物の生態は「知識」としてしか知らないはず。 また、心身の特徴には大きな個体差もあります。それが一般的なペットである犬や猫ならまだしも、それ以外の動物だったら・・・? 飼い主が持っている「その動物に対する常識」を、獣医師も当然持っていると思ったら大間違いです!

実際、レイラを事故に遭わせた獣医師はエキゾチックペット担当であるにもかかわらず、ハムスターのことを本でしか知らないと思われる程お粗末な接し方でした。学校の実習と病院での短い診療時間内でしか、ハムスターに触れたことがないのでしょう。「専門はエキゾチックペット」だなんてよく言えたものです。 愛好家のサイトでお勧めの病院として紹介されている診療所の、ハムスター担当者とも言うべき人でさえ、この状態です。

ページトップへ戻る▲

◆大学でのペット教育はわずか

大学で教える獣医学の中で、一番重きを占めるのが産業動物、いわゆる家畜です。獣医学というのは家畜のために発展してきた分野だからです。

次に来るのが犬と猫。動物病院に来る一般的な動物です。 最近のペットブームを反映して、少し地位が向上してきた模様です。

それから、もし研究者(教官)がいて選択が可能ならば、それ以外の愛玩動物(「エキゾチックアニマル」と呼びます)。ほんのちょっとだけです。数年前は、は虫類の診療に関してはアメリカに行かないと勉強できないと聞きました。今は状況が少しでも変わっていることを願いますが。

そんな環境で教育を受けてきた獣医師達が、どこまでペットのことを知っていると言えましょう。 もちろん、独学でペットのことをさらに深く学んでいる方もいます。エキゾチックペット専門の診療所もできました。アメリカに行って動物福祉学を学び、ペットの心までケアしたいと考える学生もいます。でもそれは、全体から見たらまだまだ本当に少数派なのです。

ページトップへ戻る▲

◆動物にだって個性がある

犬は人間にかまってもらうのが好きで、猫は気が向かないとそれを嫌がる・・・一般的にはそう言われていますが、全ての犬や猫がそうとは限りませんよね。 獣医師は一般論として動物の性質や行動などを学びますが、それはあくまでも全般的な傾向。 時には、その一般論からして間違っていたり、一般論さえ存在しない(要するに全く研究されていない)場合があるのです。また、一般論というものは時代と共に変わっていくものでもあります。生き物に「絶対」はあり得ません。

人間の医者に例えれば、小児科医だからといって子供のことを何もかも知っているわけではない、というのと同じ事です。 その子のことは毎日接している人間でないと分かりません。 普段の状態と、今おかしいと思われる症状を医師に伝えなければ、医師は適切な処置ができないかもしれません。

動物だって同じです。我が「仔」の性格や日常を伝えなければ、獣医師も判断を誤るかもしれません。 こちらからは何も言わず何も聞かず、安易に「お任せ」しないで、もっと獣医師とコミュニケーションをとりませんか。 それで不快感を表すような獣医師とはお付き合いしたくないでしょう?

ページトップへ戻る▲

[NEXT]
[SIDE:A TOP] [HOME]

Copyright (C) 2003-2017 恵方 , All Rights Reserved.