ここは恵方 [SIDE:A]

飼い主も勉強しよう

最終更新日:2006年4月

良い動物病院を選ぶためにも、より良い環境でペットを飼育するためにも、飼い主は常に勉強したいものです。

◆飼い主の義務と責任

運ばれてきた動物を助けたいと必死になりながら、獣医師の立場からでは手出しできる事に限界がある現実に苦悩する、とある獣医師の血を吐くようなつぶやきを読んでずっと考えていました。飼い主にできることは何だろう、と。

飼い主にできること、それは予防早期発見です。怪我や病気を未然に防ぐような飼育環境を整え、疾患が現れた際には早めに気付いて治療してやる。これに勝るものはありません。そして、最期の時が来るまで病気と闘うペットをサポートするのが、飼い主に課せられたお務めだと思います。

犬に限った話ではありませんが、「病院に連れていったら即入院」となった場合には、よっぽど深刻な事態になっていると考えられます。いくらペットを愛していても、病院へ連れて行くタイミングが遅すぎれば助けてやることはできません。治療の甲斐なく死んでしまったとしても、それは獣医師の責任ではありません。

もちろん、どんなに気を付けていても見破ることのできない疾患はたくさんあります。知識があっても手遅れになるのは避けられない事だってあります。それでも、知らないよりは知っている方がずっと良い、基礎さえ知っていれば救える命もたくさんあるのです。動物を飼う以上、そのレベルだけは維持したいと思いませんか。

かかっている病院が悪徳だったらどうしますか?獣医師の良し悪しをあなたはきちんと見極められますか?それもできずに相手の言うことを鵜呑みにしていると、ペットは大変なことになりますよ。中には信じられない大嘘をつく獣医師もいるようですが、自分が何も知らなければ相手の言うことは全て真実のように聞こえます。

また、可能な範囲で病気の兆候を捉えるためには、飼い主側にもある程度の知識が必要です。「正常」と「異常」のボーダーラインを正しく認識できるように、また、かかっている病院の診療が適正であるかどうかを見極めるためにも、動物を飼う者は学ぶ必要があると思います。これが飼い主としての責務であり、義務であると私は考えます。

ページトップへ戻る▲

◆責任の所在を明確にするために

医療ミスを受けてつらい思いをしたというのなら、その責任を病院側に追求できるだけの知識を身に付けましょうよ。病院に搬入したときにはどんな状態だったかを確認していますか?持論を病院側に示すことができますか?何事も論理なしには解決できません。それさえもしないのなら、病院を名指しして陰口を言うのはやめましょう。それではただの誹謗中傷です。病院の責任を追及するどころか、周囲の人にあなたの人間性さえ疑われ、病院から逆に名誉き損で訴えられるかもしれません。

病院のことを口にするなと言うのではないのです。ただ、それは本当に医療ミスだったのか、しっかり確認してほしいのです。医療ミスだと思うのなら、どんな方法でもいいから何とか抗議をしてください。自分の知識だけで足りなければ協力者を探しましょう。PART 1 の抗議の手段をご参考にどうぞ。でも、抗議しないとしても、もし次にトラブルがあった際にはきちんと対処できるよう、知識だけは身に付けておいてほしいと思います。

私の周りにもいます。手遅れになってから犬を運び込んでおいて、その夜に入院先の病院で死んでしまったことを今だに恨んでいる人が。その人はその動物病院のことを「動物実験に使ったに違いない。連れていったときにはまだ意識もしっかりしていて、自分にしっぽを振ったのだから。死ぬはずはないんだ。」と言います。

でも、その動物病院は真面目な病院です。そんなことをするはずがない事は自分が利用した経験から分かります。患畜を実験に使うという発想からして理解できません。そしてその飼い主は、犬がぐったりして動かなくなるまで病院に連れていかない人です。

その人は私の血縁者でありますので、少々手厳しい捉え方をしているかもしれません。しかし、物事を冷静に分析することなく自らの責任を病院に転嫁する姿勢では、何一つ改善されることはなく、同じ事をまた繰り返すでしょう。悲しくなります。残念ながら、私ごときが話をしても問題点を受け入れられません。でも、知識さえあればもっと早く病院へ連れていったでしょうし、もしかしたら助けられたかもしれません。そもそも、知識を得ようと思うくらいの人なら、もっとペットの状態に気を付けて観察したでしょうけれども。

ただ、付け加えるなら、飼い主が納得するだけの説明をできなかった動物病院側の責任もゼロではありません。その人の性格から言ったら、説明を受けたときには納得したような顔をしていたでしょうけれども。意思の疎通と信頼関係・・・これは私がサイト内で訴えているメインテーマでもあります。

ページトップへ戻る▲

◆基礎知識を身に付けよう

獣医師並の知識を得る必要はありません。必要なのは、よくある病気や怪我、飼育上のタブーなどに関する一般的な知識であって、飼育書に書いてある程度のものです。しかし、それさえも知らない獣医師が診療を行っているのも現実であり、そんな獣医師を判別するためには飼い主としての一般的な知識で十分なのです。

取り返しのつかない後悔をする前に、どうか今からでも勉強してください。飼育書が市販されているのなら何冊かでも読んでみてください。このサイトを訪れたあなたなら、きっとそれだけの熱意を持ってペットに接していると思うのです。ペットにより良い一生を提供できるよう、お互いに頑張りましょうよ。

ハムスターについて初心者が情報収集する方法を[SIDE:B]「ハムスター学習講座」にまとめてあります。これはハムスター以外の動物であっても方法に全く違いはありませんので、情報収集に悩んでいる方はご覧ください。

ページトップへ戻る▲

[NEXT]
[SIDE:A TOP] [HOME]

Copyright (C) 2003-2017 恵方 , All Rights Reserved.