ここは恵方 [SIDE:A]

可愛い我が「仔」のために

最終更新日:2006年4月

◆言葉にしなけりゃ伝わらない

一生に一度でいいから、獣医師に対してはっきりと意志表示しませんか。それが良いことでも悪いことでも頑張って相手に伝えませんか。

つい言葉を飲み込んでしまう・・・よくわかります。それが日本人の美徳であり慣習であり、私たちはそのように教えられて育ってきたのですから。

自分のことならそれでも我慢できましょう。 でも動物は言葉を話せません。 飼い主が言わなければ一体誰が言ってくれるのでしょう。 飼い主が我が「仔」のために頑張らなければ、一体誰が頑張ってくれるのでしょう。

獣医師が治療をするにあたり、飼い主からの情報は重要なポイントとなるはず。適切な処置をしてもらうためには、十分なコミュニケーションが必要です。 また、治療方針は飼い主抜きには決められません。 我が「仔」のことを一番理解しているのはあなたなのですから。

あるいは、何かのトラブルに遭遇して「もう2度とこの病院に来るもんか」と思っているのなら、その後の関係を憂う必要はないでしょう? だったら勇気を出して、自分の考えを伝えましょうよ。獣医師がミスを犯したのならそれをきちんと指摘しましょうよ。 一度でダメなら、もう一度だけ言ってみましょうよ。 我が「仔」のため、自分のため、そして後に続く動物達のために。

コミュニケーション不足が原因のトラブルは多いのですよ。

ページトップへ戻る▲

◆我が仔を守れるのはあなただけ

あなたは独りじゃありません。ここを訪れた人達があなたを見守っています。あなたの勇気を讃えています。 心細くなったら、同じペットを持つ人の集まるサイトへ行ってみましょう。 同じペットを愛する人達とやりとりをするうちに、落ち着いて自分のすべきことを考えられるようになるでしょう。

病院がやってくれるのを待っていたら、あなたのペットも被害に遭うかもしれません。 黙って待っていても何も良くはならないのですよ。

大事なペットを守れるのは、飼い主であるあなただけなのです。

また、犬・猫以外の動物を飼っている場合は、覚えておかなければならないこともあります。現状では、多くの動物病院にとって、メインの患畜である犬・猫以外のペットの診察は「おまけ」という認識だということです。もちろん頑張っている病院もありますが、少数派はやはり少数派。組織社会では少数意見は反映されにくいのです。

でも、ユーザーの要望なら話は別。少数派であればあるほど、意志表示の重要性は高まるのです。

◆但し書き

「支え合う」というのは、「自分ひとりでは恐くて出来ないことでもみんなでやれば恐くない」という意味ではありませんので、念のため。

あくまでも、やるのは自分です。他人の陰に隠れないと何も言えないような人はご免被ります。

ページトップへ戻る▲

[BACK] [NEXT]
[SIDE:A TOP] [HOME]

Copyright (C) 2003-2017 恵方 , All Rights Reserved.